【もうやめとけ】接客業を辞めてよかった5つの理由!転職で人生が変わる

【もうやめとけ】接客業を辞めてよかった5つの理由!転職で人生が変わる
この記事で解決できる悩み
  • 接客業を辞めても後悔しないか心配…
  • 接客業を辞めようか迷っているので辞めた人の意見を聞きたい…
  • 接客業を続けるべきか辞めるべきか答えを知りたい…

接客業に不安があって辞めたいと思っても、後悔しないか心配になるのは仕方ありません。異業種に転職したらもっと悪い状況になるのではないかと不安な人は多いです。

この記事では、接客業を辞めてよかった理由と辞めない方が良い人の特徴を解説します。記事を読めば、後悔しないキャリアを選択できます

接客業を辞めてよかったという人は多いです。接客業では手に入らないものがたくさん手に入ります。

後悔のないキャリアを歩みたいなら、接客業を辞めるのが正解です。

目次

接客業を辞めてよかった5つの理由

接客業を辞めてよかった5つの理由

接客業を辞めてよかったと感じる理由は5つあります。以下の5つが、接客業を辞めた後のあなたの状況です。

収入が増える

接客業を辞めて異業種に転職すると、収入が増えます。接客業は数ある仕事の中でも、年収が低いからです。

dodaの出した業界別平均年収ランキングでも「サービス」「小売/外食」は最も低い結果となりました。

業界平均年収
金融455万円
メーカー455万円
総合商社434万円
IT/通信433万円
建設/プラント/不動産416万円
メディカル410万円
専門商社408万円
インターネット
広告/メディア
405万円
サービス367万円
小売/外食351万円
(参考:【96の業種別】平均年収ランキング)

接客業を続けている限り、余裕のない生活は変わりません。食費をケチらず、子供に好きなものを買ってあげられるようになるためにも、接客業を辞めるのが正解です。

休みが増える

接客業を辞めれば、休みが増えて友人や家族と過ごす時間を増やせます。接客業は休みが少ない仕事だからです。

「宿泊業、飲食サービス業」に関しては年間平均97.1日。100日以下というデータが算出されています。

業種年間平均休日数
情報通信業118.8
学術研究
専門技術サービス業
118.8
金融業・保険業118.4
電気・ガス
熱供給・水道業
116.8
教育・学習支援業112.7
製造業111.4
複合サービス事業110.4
不動産業
物品賃貸業
109.6
医療・福祉109.4
サービス業
(他に分類されないもの)
109.0
卸売業・小売業105.7
生活関連サービス業
娯楽業
104.6
建設業104.0
鉱業・採石業
砂利採取業
103.8
運輸業・郵便業100.3
宿泊業
飲食サービス業
97.1
(参考:厚生労働省 平成 30 年就労条件総合調査の概況)

「情報通信業」と比べれば年間20日以上の差。あなたがせっせと働いているときに、他の人は優雅に旅行や趣味を楽しんでいます。
» 接客業をもうやりたくないときの対処法

接客業を辞めると休日の多さに驚きます。

自由な時間が手に入る

接客業を辞めると、自由な時間を手に入れられます。接客業は拘束時間の長い仕事だからです。

産業別に見ると、「金融業, 保険業」が38時間17分で最も短く、「宿泊業, サービス飲食業」が39時間51分で最も長くなっている。

厚生労働省

接客業で下記のような場合は珍しくありません。

  • サービス残念は当たり前
  • 開店から閉店するまで勤務

接客業以外の仕事では、2020年以降にリモートワークが一般的に普及。通勤時間ゼロの仕事が増えました。接客業は出勤の必要があるため、他の仕事よりも損をしています

誰しもが自分の時間や家族との時間を有意義に過ごしたいはず…。プライベートを充実させたいなら、接客業以外の仕事に転職するのが賢い選択です。

人と接するストレスが減る

接客業を辞めると、人と接するストレスがゼロになります。接客業で感じるストレスのほとんどは人が原因だからです。

下記のストレスから解放された姿を想像してみてください。

  • めんどくさいお客
  • 理不尽なクレーム
  • 嫌な上司・同僚との関係

接客業から離れれば、ストレスフリーな生活が待っています。人と接するストレスがなくなり「接客業を辞めてよかった」と思う人は多いです。
» 接客業で人と関わりたくないときの対処法

体力的なしんどさがなくなる

接客業を辞めると、体力的なつらさがなくなります。接客業は常に立っていなければいけない仕事だからです。

接客業から事務職などに転職すると「こんな楽なのにお金もらっていいの?」と不思議に感じます。体力に余裕が出るので、プライベートの時間も充実するなどメリットが多いです。

仕事で疲れて帰宅後何もできずに寝てしまう、というのが接客業。自分がやりたいことに体力を注ぎたいなら、接客業からの転職を検討しましょう。
» つらい…接客業に疲れたときの対処法

辞めたいと感じたら早い方がいい

接客業を辞めたいと感じたら、すぐに行動することをおすすめします。時間は有限です。今行動しないと「もっと早く辞めておけばよかった」と後悔します
» 接客業を辞めたいときの対処法

接客業を続けるリスク

接客業を続けるリスク

接客業を続けるべきか迷っている人は、以下のリスクを抱えています。状況が悪化する前に対処してください。

心が病む

接客業に不安や不満を感じながら働いていると、心が病む可能性があります。精神的な負担を抱え続けてしまうからです。

今はまだ気づかないほど小さなストレスでも、積み重なるといつの間にか大きくなります。心に負担を抱えているなら、早めに対処しなければいけません。
» 接客業で心が病む理由と対処法

病気のリスクもある

精神的な負担を抱え続けると、病気になるリスクもあります。実際、接客業は「うつ病」や「適応障害」になる人が多いです。病気になる前に対処しないと、今後の人生に悪影響を与えます。
» 接客業のストレスによる病気

笑えなくなる

接客業を続けるか迷っている状態で仕事をしていると、笑えなくなる可能性があります。精神的な負担により、余裕がなくなるからです。

人と接する接客業で笑えなくなるのは致命的。仕事上はもちろん、プライベートにも悪影響があります。

「笑顔にするのがしんどい」と感じ始めている人は特に注意してください。早めに接客業から抜け出さないと、精神状態がおかしくなります
» 接客業で笑えなくなった理由と対処法

笑えなくなると、家族や友人との関係性も悪くなります。

人間嫌いになる

接客業に不満を感じながら仕事をしていると、人間嫌いになるリスクがあります。接客業では人間の嫌な部分を目の当たりにするからです。

以下の状況にストレスを感じている場合は注意してください。

  • 理不尽なクレームがつらい
  • お客から下に見られるのが嫌
  • 上司や同僚との関係性が悪い

接客業で上記の状況は普通です。ストレスと上手く付き合えない人は、接客業を続けられません。
» 接客業で人間嫌いになる理由と対処法

人間不信にもなる

接客業を続けていると、人間不信にもなります。人間の嫌な部分に接することで「信用できる人はいない」と感じてしまうからです。
» 接客業で人間不信になる理由と対処法

性格が悪くなる

接客業を続けていると、いつの間にか性格が悪くなります。給料や休日の少なさから、心に余裕がなくなることが理由です。

性格が悪くなると、周りから人がいなくなります。いつの間にか一人ぼっちになっている可能性も…。

心が荒んできていると感じたら、接客業からの転職がおすすめです。接客業を辞めれば、驚くほど穏やかな心を取り戻せます。
» 接客業で性格が悪くなる理由と対処法

心が荒みきる前に、接客業からの転職を検討しましょう。

接客業しかしたことなくても転職できる

接客業しか経験がなくても、異業種への転職は可能です。接客業で身につけたスキルは、他の仕事でも役立ちます。自分のスキルを上手くアピールできるか不安な人は、プロに無料で相談できる転職エージェントを利用しましょう。

\接客業を辞めてよかったと満足できる!/

接客業を辞めてよかったと思える転職先

接客業を辞めてよかったと思える転職先

「接客業を辞めてよかった」と言う人が就いている仕事には以下の3つが多いです。

一般事務職

接客業から一般事務職に転職した人は「辞めてよかった」と感じています。体力的なつらさがなくなるからです。

接客業とは違い、一般事務職は座ってこなす仕事。接客業のように1日中立っていることはありません。

一般事務職は定時に帰れることも多いです。理想的なライフワークバランスを実現できます

» 接客業から一般事務への志望動機の書き方

一般事務職に転職する場合は、接客業で得た接客スキルや柔軟性をアピールしてください。

営業職

接客業から営業職に転職した人で「辞めてよかった」と感じる人はたくさんいます。接客業で得たスキルを十分に活かせるからです。

接客業から営業職に転職する場合、以下のスキルをアピールしましょう。

  • 柔軟性
  • 接客スキル
  • 商品の提案力
  • 聞き取り能力
  • コミュニケーションスキル

営業職に就けば、接客業より収入が増えることも多いです。今あるスキルを活かしたい人は、営業職への転職を検討してください。
» 接客業から営業職への志望動機の書き方

製造業

接客業から製造業に転職した人は「辞めてよかった」と感じています。人間関係のストレスが少なくなるからです。

製造業は一人で黙々とこなすことの多い仕事。人と関わりたくない人にピッタリです。

人と接することに疲れたなら、製造業への転職を検討してください。製造業に転職すれば、メンタルがやられることなく仕事を続けられます
» 接客業から製造業への志望動機の書き方

接客業で得た商品管理や安全管理のスキルは、製造業でも活かせるスキルです。

前向きな退職理由を伝えよう

接客業から転職する場合、面接では前向きな転職理由を伝えてください。ネガティブな退職理由だと採用担当者への印象が悪いです。「給料が安い」が理由なら「キャリアアップしたい」とポジティブな言い方に変換しましょう。
» 接客業から転職する方法

接客業を辞めない方がいい人の特徴

接客業を辞めない方がいい人の特徴

接客業を辞めれば多くの人が快適な生活を手に入れられます。ただし、接客業を辞めない方がいい人もいるので注意しましょう。

接客業を辞めない方がいい人の特徴は以下の3つです。

接客が好き

人と接することが好きなら、接客業を辞める必要はありません。好きなことを仕事にするのが一番幸せなキャリアだからです。

労働条件が悪いからといって異業種に転職すると、ものたりない気分になります。「やっぱり接客業が合っている」と思って戻る人も多いです。

ただし、接客が嫌いなら続けるメリットはありません。好きでもないことに悪条件で時間を費やすのは時間の無駄です。

「なんとなく」で接客業を続けている人は人生損しています。

辞める理由がない

辞める理由が思い浮かばないなら、接客業を辞める必要はありません。今の現状に不満がない状態で環境を変えると、悪化する可能性があるからです。

下記に全て該当しているなら、接客業を続けてもストレスは溜まりません。

  • 収入に満足している
  • 休日は十分に取れている
  • 人間関係が良くて居心地が良い

ただし、辞める理由が一つでも思い浮かぶなら転職を検討しましょう。たった一つストレスがあるだけでも心への負担が続きます

やりがいを感じている

接客業にやりがいを感じているなら、辞める必要はありません。やりがいを感じているなら、心が充実しているということだからです。

転職してやりがいを感じない仕事に就くと、どんなに条件が良くても心が満たされないことがあります。何のために生きているのか分からなくなる可能性も…。

接客業でもやりがいを感じる仕事なら続ける価値はあります。

接客業を辞めてよかった人は多い

接客業を辞めてよかった人は多い

接客業を辞めれば、今よりも快適な生活が手に入ります。接客業特有の労働環境から開放されるからです。

接客業を辞めてよかった理由は以下の通りです。

  • 収入が増える
  • 休みが増える
  • 自由な時間が手に入る
  • 人と接するストレスが減る
  • 体力的なしんどさがなくなる

「接客業しかしたことがないから…」と諦める必要はありません。接客業で身につけたスキルは、他の仕事でも活かせます。

接客業からの転職を考えているなら、転職エージェントを利用しましょう。転職のプロが、あなたのスキルにピッタリの仕事を紹介してくれます。

転職エージェントの利用は完全に無料です。相談だけでもOKなので、接客業を続けるべきか迷っている人は転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントに相談すれば、充実したライフワークバランスを実現できます。

\接客業を辞めてよかったと満足できる!/

目次
閉じる