100%実現!飲食店を辞めたいときの対処法2つ【人手不足でもOK】

100%実現!飲食店を辞めたいときの対処法2つ【人手不足でもOK】
  • 自分の飲食店は人手不足だから辞めづらい…
  • 飲食店を辞めたいけど会社が辞めさせてくれない…
  • 辞めたいけど上司に「それではどこも続かない」と言われた…

飲食店を辞めたいと思っても「辞めづらい」「辞められない」という人は多いです。しかし民法627条により、労働者は「退職の自由」を与えられているので必ず退職できます。

この記事では、飲食店を辞めたいときに100%退職できる方法を紹介します。記事の内容を実践にすれば、今の職場で働き続ける必要はありません

飲食店を辞めたいなら、1ヶ月前に退職することを申告しましょう。難しい場合は退職代行サービスを利用すれば確実に辞められます。
音信不通や無断欠勤は損害賠償などのリスクがあるのでNGです。

飲食店を辞めたいときの対処法2つ【人手不足でもOK】

飲食店を辞めたいときの対処法2つ【人手不足でもOK】

飲食店を辞めたいときの対処法は2つです。どちらかを実行すれば100%辞められます。

  • 1ヶ月前に申告する
  • 退職代行サービスを利用する

1ヶ月前に申告する

飲食店を辞めたい場合は1ヶ月前に申告しましょう。人員の補充や引き継ぎを考えると1ヶ月は必要です。

民法627条」によると、2週間前に申告すればOKとあります。しかし、会社の規定で「1ヶ月前までに申告」となっている場合が多いです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
(引用元:民法627条)

労働者には「退職の自由」があります。基本的に会社は退職の申し入れを拒否できません。

職場の責任者に「退職したい」と伝えてください。

» 退職願・退職届の正しい書き方

退職代行サービスを利用する

飲食店を「辞めづらい」「辞められない」という場合は、退職代行サービスを利用しましょう。退職代行サービスを利用すれば確実に辞められます

退職代行サービスとは?
退職代行サービス(たいしょくだいこうサービス)とは、依頼者の退職の意思を依頼者に代わって会社に伝え、退職を支援するサービスである。
(引用元:Wikipedia)

退職代行サービスのデメリットは費用がかかること。利用するのに平均3万円程度が必要です。

退職代行サービスを利用するメリットは以下の通り。

  • 手続きはすべて任せられる
  • 上司に顔を合わせる必要がない
  • 残業代・有給休暇の給料も回収

未払いの給料や残業代がある場合は、退職代行サービスで回収できます。利用料金以上のお金を回収できるなら必ず利用しましょう。

格安の退職代行サービスに注意
退職代行サービスの中には格安で提供している業者もあります。しかし、退職失敗のリスクや違法業者の可能性があるので注意してください。
『退職代行ガーディアン』は、東京労働経済組合が運営する信頼性の高い退職代行サービスです。退職代行に失敗した経験は一度もありません
100%退職を実現して飲食店を辞めたい人は『退職代行ガーディアン』を利用しましょう。
» 退職代行ガーディアンの口コミ・評判
関連記事

東京労働経済組合が運営する退職代行サービス『退職代行ガーディアン』。労働組合法人退職代行の強みを持つ唯一の存在です。手続きはスマホですべて完結します。申し込みの翌日から出社する必要はありません。\転職サポートもあり!/退職代[…]

東京労働経済組合『退職代行ガーディアン』【口コミ・評判・体験談】

飲食店を辞めたい人によくある勘違い4つ

飲食店を辞めたい人によくある勘違い4つ

飲食店を辞めたい人によくある勘違いは4つあります。以下の状況は単なる勘違いです。

  • 繁忙期だから辞められない
  • 人手不足だから辞められない
  • 会社が許可しないから辞められない
  • 今の職場でしか働けないから辞められない

繁忙期だから辞められない

「職場が忙しい時期だから辞められない」というのは勘違いです。繁忙期でも退職できます。

「繁忙期だから辞めてほしくない」のは会社の希望です。労働者が気にする必要はありません。

1ヶ月前に退職を申告すれば会社は急いで人員を補充します。飲食店を辞めたいなら気にせず退職届を提出すればOKです。

人手不足だから辞められない

「人手不足だから辞められない」というのも間違っています。人手不足は会社の責任だからです。

人手不足の場合、退職すると会社は困ります。しかし辞めないなら、人員ギリギリの状態が続いてずっと辞められません。

会社は人件費を削減するために引き留め続けます。引き留めを受け入れている限り、いつまでも退職できないままです。

気まずい場合は退職代行サービスを利用しましょう。

会社が許可しないから辞められない

「会社が許可してくれない」というのは会社の傲慢です。会社は労働者から退職の申し入れがあった場合、受け入れなければいけません

民法627条」にも以下のように記載されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
(引用元:民法627条)

ただし、会社によって退職の規定がある場合もあります。会社の規定を確認したうえで退職の手続きを行いましょう。
» 飲食店の正社員がきつい7つの理由

今の職場でしか働けないから辞められない

「今の職場でしか働けない」と思うのも勘違いです。飲食店での経験は他の職場でも活かせます

飲食店で働いていると以下のスキルが身についているはず。他の飲食店ではもちろん、異業種でも活かせるスキルです。

  • 体力
  • 集中力
  • 柔軟性
  • 接客スキル
  • コミュニケーションスキル

あなたのスキルを求める企業は必ずあります。自分のスキルに自信を持ちましょう。
» 飲食店からの転職でおすすめの業界・職種

退職すると「辞めてよかった」と思うはずです。

» 飲食店の正社員をやめてよかった5つの理由

洗脳する飲食店に注意
飲食店の中には「お前はここでしか働けない」と洗脳する場合もあります。辞められると人員不足になるからです。
「今の職場でしか働けない」と感じるのは洗脳されている可能性もあります。一度、自分のスキルを冷静に見つめ直してみましょう。
» 飲食店にブラック企業が多い理由

飲食店を辞めたいときの注意点3つ

飲食店を辞めたいときの注意点3つ

飲食店を辞めたいときにやってはいけないことは3つです。後悔する前に確認しておきましょう。

  • 音信不通・無断欠勤はNG
  • 無理して仕事を続けるのはNG
  • 次の転職先を考えておく

音信不通・無断欠勤はNG

飲食店を辞めたい場合でも音信不通や無断欠勤をしてはいけません。減給や損害賠償のリスクがあります。

正しい手続きを踏めば必ず退職は可能です。リスクを冒す必要はありません。

退職代行サービスなら明日から出勤不要
退職代行サービスを利用すれば、最短で明日から出勤不要です。も音信不通や無断欠勤してしまうほど追い込まれているなら、迷わず退職代行サービスを利用してください。
» 退職代行ガーディアンの口コミ・評判
関連記事

東京労働経済組合が運営する退職代行サービス『退職代行ガーディアン』。労働組合法人退職代行の強みを持つ唯一の存在です。手続きはスマホですべて完結します。申し込みの翌日から出社する必要はありません。\転職サポートもあり!/退職代[…]

東京労働経済組合『退職代行ガーディアン』【口コミ・評判・体験談】

無理して仕事を続けるのはNG

飲食店を辞めたいのに無理して勤務を続けてはいけません。精神的に追い込まれて病んだり病気になったりするからです。

実際、接客業で以下のような病気になる人は多いです。

  • うつ病
  • 適応障害

» 接客業のストレスによる2つの病気

無理して今の職場に居続けることにはリスクしかありません。健康的なメンタルを保って生活を充実させるためにも、退職を決意しましょう。

精神的な病気になってしまうと取り返しのつかない事態にもなりえます。

» 接客業で心が病む理由と対処法

次の転職先を考えておく

飲食店を辞めたいなら転職先も考えておきましょう。次の転職先を考えておけば、仕事を辞めても生活に支障は出ません

今の職場で働いたまま転職活動するのがおすすめです。次の転職先が決まっていれば退職と同時に働けるので、収入がなくなることはありません。

時間がないなら転職エージェントを利用
転職活動する時間がない場合は転職エージェントを利用しましょう。求人の紹介から日程の調整まで転職に関するサポートを行ってくれます。
転職エージェントの利用は完全無料です。転職エージェントを利用すればブラック企業も避けやすくなります。
» おすすめの転職エージェント5選
関連記事

転職エージェントが多すぎて何を選べばいいのかわからない... 転職するには転職エージェントを利用した方がいいの? 転職エージェントは相談するだけでも利用していいの?接客業から転職をしようと思った時に転職エ[…]

【完全無料】おすすめの転職エージェント5選!接客業から異業種への転職も可能

飲食店を辞めた後の選択肢は2つ

飲食店を辞めた後の選択肢は2つ

飲食店を辞めた後の選択肢は2つです。どちらが最適なのか考えてみてください。

  • 異業種へ転職する
  • ホワイトな飲食店に転職する

異業種へ転職する

飲食店の仕事が嫌なら異業種への転職を検討しましょう。飲食店での経験は異業種でも十分に活かせます

飲食店から転職する場合におすすめの職種・業界は以下の3つです。

  • 営業職
  • 事務職
  • 製造業

飲食店から異業種へ転職すれば、労働条件がかなり改善されます。飲食店は給料や勤務時間、休日などの条件が悪いからです。

異業種へ転職すれば納得のいく労働条件で働けます。

» 接客業からの転職でおすすめの職種・業界

ホワイトな飲食店に転職する

飲食店での勤務を希望するなら、ホワイトな労働条件の会社に転職しましょう。ブラックな飲食店に転職してしまうと、また「辞めたい」と感じてしまいます。

飲食店にはブラック企業が多いです。飲食店に転職する際には十分に気をつけてください。
» 飲食店にブラック企業が多い理由

転職エージェントならブラック企業を避けられる
転職エージェントを利用すればブラック企業を避けられます。転職エージェントは紹介した人材が早期退職すると、企業から報酬の返金を求められるからです。
「フーズラボ・エージェント」は飲食業界に特化した転職エージェント。ホワイトな飲食店への転職を希望する人は「フーズラボ・エージェント」を利用しましょう。
» フーズラボ・エージェントの口コミ・評判
関連記事

転職エージェントの中でも飲食業界に特化したフーズラボ・エージェント。業界が絞られていることで、より専門的なサポートが可能です。フーズラボ・エージェントは完全無料で利用できます。相談だけでも気軽に受け付けてくれるので、飲食業界への転職[…]

【FoodsLab】フーズラボ・エージェントの口コミ・評判【完全無料】

飲食店を辞めたいなら転職しよう

飲食店を辞めたいなら転職しよう

飲食店を辞めたいときは、どのような状況でも必ず辞められます。以下2つの対処法を実践してください。

  • 1ヶ月前に申告する
  • 退職代行サービスを利用する

人手不足や会社が辞めさせてくれない場合でも問題ありません。労働者には「退職の自由」が法律から与えられています

辞めづらい場合は退職代行サービスを利用しましょう。退職に関するすべての手続きを任せられます。

「退職代行ガーディアン」は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。民間の退職代行サービスと違い、退職代行に失敗したことは一度もありません。

スマホで手続きはすべて完了し、最短で明日から出社しなくても大丈夫です。飲食店を辞めたい人は「退職代行ガーディアン」の利用を検討してください。
» 退職代行ガーディアンの口コミ・評判

関連記事

東京労働経済組合が運営する退職代行サービス『退職代行ガーディアン』。労働組合法人退職代行の強みを持つ唯一の存在です。手続きはスマホですべて完結します。申し込みの翌日から出社する必要はありません。\転職サポートもあり!/退職代[…]

東京労働経済組合『退職代行ガーディアン』【口コミ・評判・体験談】
今の飲食店を辞めて新しいキャリアを歩み出しましょう。

転職に失敗したくないなら…

転職に失敗したくないなら...

転職に失敗せずに適切なキャリアを歩みたいなら転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは完全無料で転職のプロがあなたをサポートしてくれます。あなたに最適な企業の紹介・書類添削・面接対策など、転職を成功させるサポートが充実。転職エージェントを使わない転職はリスクが増すだけです。

おすすめの転職エージェントを見る