人と関わりたくないなら接客業を辞めるべき3つの理由【続ける価値はない】

人と関わりたくないなら接客業を辞めるべき3つの理由【続ける価値はない】
  • 接客業をやっているけどもう人と関わりたくない…
  • 人と関わりたくないけど接客業を辞められない…
  • 人と関わらない仕事に転職したい…でもできるのか不安…

接客業をやっていると「人と関わりたくない」と思いことがあります。毎日多くの人に接しすぎると一人になりたい気持ちになるのは当然です。

この記事では、人と関わりたくないなら接客業を辞めるべき理由を解説。記事の内容を読めば、自分が今すぐに行動しなければ損し続ける理由がわかります。

人と関わりたくないまま接客業を続けていても仕事で成果を残せません。それどころかストレスが溜まり続けて爆発してしまいます。
接客業以外にも仕事はたくさんあるのですぐに転職を検討しましょう。

人と関わりたくないなら接客業を辞めるべき3つの理由

人と関わりたくないなら接客業を辞めるべき3つの理由

人と関わりたくないなら接客業から転職を検討するべき理由は以下の3つです。

  • 成果を残せない
  • ストレスが溜まる
  • 仕事は接客業以外にもある

成果を残せない

人と関わりたくないと感じながら接客業を続けても成果を残せません。やる気がない仕事には積極的に取り組めないからです。

やる気のない仕事を続けるのは自身とっても悪いこと。今後の生活に活かせるものが何も残らないことに時間を費やすのは時間の無駄です。

人と関わりたくないまま接客業を続けるのは意味がありません。

接客業以外の仕事への転職を検討しましょう。

ストレスが溜まる

人と関わりたくない気持ちを抱えたまま接客業を続けているとストレスが溜まり続けます。やりたくないことに時間を費やすのは心に負担でしかないからです。

ストレスが溜まるとさまざまなデメリットがあります。
» 人と関わりたくないのに接客業をやる注意点

  • 性格が悪くなる
  • 病む・病気になる
  • 時間を無駄にする

生活に支障が出てしまうので、人と関わりたくないなら転職を検討してください。

実は、接客業でもストレスを溜めない方法はあります。以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
» 接客業でストレスを溜めない8つの方法

仕事は接客業以外にもある

人と関わりたくないなら接客業にこだわる必要はありません。接客業以外にも仕事はたくさんあります。

接客業に疲れたなら以下のポイントを押さえて転職先を探してみましょう。人と触れ合わないため、快適な生活を手に入れられます

  • 人と関わらない仕事
  • リモートワーク可能な仕事
  • 労働条件の良いホワイト企業

» 接客業に疲れた人が選ぶべき転職先

接客業から異業種へ転職して「辞めてよかった」という人は多いです。もう接客業をやりたくないなら転職して新しいキャリアを歩みましょう。
» 接客業を辞めてよかった5つの理由

退職代行なら明日から出社不要!
退職代行サービスを利用すれば明日から出社する必要はありません。明日から接客業で人と関わりたくない人は退職代行サービスを利用しましょう。
ただし退職代行サービスには違法業者もあるので注意が必要です。『退職代行ガーディアン』なら労働組合法人が運営しているのに低額料金なので安心して利用できます。
» 退職代行ガーディアンの口コミ・評判

人と関わりたくないのに接客業をやる3つの理由

人と関わりたくないのに接客業をやる3つの理由

人と関わりたくないのに接客業を辞められない人はいます。多くの場合、以下の3つが理由です。

  • 転職活動がめんどくさい
  • しばらく生活できる貯金がない
  • 接客業しかできないと思っている

転職活動がめんどくさい

転職活動をめんどくさいと思っている人はなかなか腰が上がりません。転職にはやるべきことが多いからです。

  • 応募先を探す
  • 履歴書・職務経歴書の作成・提出
  • 面接対策
  • 入社・退社の手続き

しかし、人と関わりたくないのに面倒だからと接客業を続けるのはおすすめできません。日々ストレスが溜まり続けることにより、もっと面倒なことになるからです。
» 人と関わりたくないのに接客業をやる注意点

面倒な気持ちもわかりますが、人生を好転させるために重い腰を上げましょう。

後々「あの時、転職してよかった」と思う日が来るはずです。

しばらく生活できる貯金がない

生活できるほどの貯金がない場合、人と関わりたくないと思っていても退職できません。退職するとしばらく無給で生活しなければいけないからです。

しかし、転職活動は在職中でも行えます。退職と同時に入社できれば、収入が一時的に厳しくなることはありません。

「できれば休みたい」と思う気持ちもわかりますが、生活できる貯金がなければ在職中に転職活動を行いましょう。

接客業しかできないと思っている

「接客業しかできない」と思っている人はいます。今までに接客業以外の仕事をしてこなかったからです。

しかし、接客業では異業種でも活かせるスキルが身につきます。接客業の経験があれば、他の仕事でも十分に活躍できるので安心してください。
» 接客業からの転職でおすすめの職種・業界

  • 柔軟性
  • 観察力
  • 傾聴力
  • 質問力
  • 提案力
  • コミュニケーションスキル

「接客業しかできない」と思うのは、経験していないことに対する不安からです。怖がることはないので人と関わりたくないなら転職を検討しましょう。
» 接客業をもうやりたくない場合の対処法

人と関わりたくないのに接客業をやる3つのデメリット

人と関わりたくないのに接客業をやる3つのデメリット

人と関わりたくないなら接客業を続けていてはいけません。人と関わりたくないまま接客業を続けていると以下3つのデメリットがあります。

  • 性格が悪くなる
  • 病む・病気になる
  • 時間を無駄にする

性格が悪くなる

人と関わりたくないのに接客業をやっていると性格が悪くなることがあります。ストレスが溜まって心に余裕がなくなるからです。

  • 悪口を言う
  • 意地悪をする
  • 他人にあたる

性格が悪くなると交友関係や恋人との関係が悪くなることもあります。自分では気づかない内に人を嫌な気分にさせていることもあるので注意しましょう。
» 接客業だと性格が悪くなる理由と対処法

病む・病気になる

人と関わりたくないのに接客業を続けていると心が病んだら病気になったりします。ストレスが限界を超えて爆発してしまうからです。

実際、接客業では以下2つの病気になる人がたくさんいます。

  • うつ病
  • 適応障害

日本でうつ病にかかったことのある人の割合は6.7%で、適応障害の有病割合は2〜8%です。
» 接客業のストレスによる2つの病気

病気になると今後の人生に影響を与えることもあるので早めに対処しましょう。

» 接客業で心が病む理由と対処法

時間を無駄にする

人と関わりたくないのに接客業を続けるのは時間の無駄です。何の成果も残さないだけでなくストレスを溜め続けてしまいます

仕事は接客業だけではありません。自分に適した仕事であれば成果を残しやすいだけでなく、健やかな精神状態を維持できます。

人生で貴重な時間を無駄にしないためにも、ストレスのない生活を手に入れましょう。自分に適した環境に身を置けば、充実した毎日が手に入ります

接客業を辞めて人と関わらない仕事をする3つのメリット

接客業を辞めて人と関わらない仕事をする3つのメリット

接客業を辞めて人と関わらない仕事をすれば、以下3つのメリットがあります。本当に今のままでいいのか一度考えてみてください。

  • 収入が増える
  • 時間・休日が増える
  • ストレスがなくなる

収入が増える

接客業以外の仕事に転職すれば収入が増えます。接客業は数ある中でも収入の少ない仕事だからです。

実際、dodaの出した業界別平均年収ランキングからも「サービス」「小売/外食」が最も低い収入とわかります。

業界平均年収
メーカー453万円
金融448万円
総合商社446万円
IT/通信444万円
メディカル426万円
建設/プラント
不動産
418万円
インターネット
広告/メディア
407万円
専門商社406万円
サービス369万円
小売/外食353万円

(参考:【96の業種別】平均年収ランキング

お金が増えれば生活に余裕が出て心も豊かになります。欲しいものを我慢せずに買ったり、子供に好きなものを買ってあげたりできるでしょう。

生活向上のためにも接客業からの転職をおすすめします。

» 飲食からの転職でおすすめの業界・職種

時間・休日が増える

接客業以外の仕事を始めれば時間や休日が増えます。接客業は拘束時間が長く、休日の少ない仕事だからです。

実際、厚生労働省が出したデータから「宿泊業, サービス飲食業」の労働時間が業種の中でもっとも長いことがわかります。

産業別に見ると、「金融業, 保険業」が38時間17分で最も短く、「宿泊業, サービス飲食業」が39時間51分で最も長くなっている。
(引用元:厚生労働省 令和 2 年就労条件総合調査の概況

休日に関しても下記の通り、他の業種と比べて年間平均休日が少ないです。とくに「宿泊業、飲食サービス業」に関しては年間平均97.1日と100日以下となりました。

業種年間平均休日数
情報通信業118.8
学術研究
専門技術サービス業
118.8
金融業・保険業118.4
電気・ガス・熱供給・水道業116.8
教育・学習支援業112.7
製造業111.4
複合サービス事業110.4
不動産業 物品賃貸業109.6
医療・福祉109.4
サービス業
(他に分類されないもの)
109.0
卸売業・小売業105.7
生活関連サービス業
娯楽業
104.6
建設業104.0
鉱業・採石業
砂利採取業
103.8
運輸業・郵便業100.3
宿泊業
飲食サービス業
97.1

(参考:厚生労働省 平成 30 年就労条件総合調査の概況

時間的余裕・休日の増加を期待できれば、心の豊かさはグッと上がります。家族とお出かけしたり友人と触れ合う機会も増えるでしょう。
» 飲食店にブラックすぎる企業が多い理由

「早く接客用を辞めればよかった」と思うはずです。

» 接客業を辞めてよかった5つの理由

ストレスがなくなる

収入・時間の増加とともに、ストレスがなくなるのもメリットです。接客業で感じていたストレスは、環境を変えることで全てなくなります

  • 面倒なお客の対応
  • 理不尽なクレーム
  • 上司からの無理な指示

ストレスがなくなれば、毎日の生活に充実感を感じるはず。人と関わりたくないなら接客業を辞めて、幸せを感じられる生活を手に入れましょう。
» 接客業のストレスで辞めたい時の対処法

人と関わりたくないなら接客業は辞めよう

人と関わりたくないなら接客業は辞めよう

人と関わりたくないのに接客業を続けるメリットはありません。人と関わりたくないと思ったら、すぐに転職を検討しましょう。

  • 成果を残せない
  • ストレスが溜まる
  • 仕事は接客業以外にもある

接客業で得たスキルはさまざまな仕事で活用できます。上手く自信をアピールできれば、必ずあなたに魅力を感じる企業はあるはずです。

自身のアピールポイントがわからない人は転職エージェントを利用しましょう。転職のプロがあなたの強みを見出し、最適な転職先を紹介してくれます

おすすめの転職エージェント »

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは相談だけでもしてみましょう。

転職に失敗したくないなら…

転職に失敗したくないなら...

転職に失敗せずに適切なキャリアを歩みたいなら転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは完全無料で転職のプロがあなたをサポートしてくれます。あなたに最適な企業の紹介・書類添削・面接対策など、転職を成功させるサポートが充実。転職エージェントを使わない転職はリスクが増すだけです。

おすすめの転職エージェントを見る