【即実践可能】接客業でストレスを溜めない8つの方法|解消できない場合の対処法

【即実践可能】接客業でストレスを溜めない8つの方法|解消できない場合の対処法
  • 接客業をやっていてストレスを感じてしまう…
  • 接客業でストレスを溜めない方法を知りたい…
  • 接客業のストレスから解放される方法を知りたい…

接客業にストレスはつきもの。上手くストレスと向き合っていかないと、精神が崩壊してしまうので対処が必要です。

この記事では、接客業でもストレスを溜めずに快適に過ごせる方法を解説します。記事を読むことで、ストレスフリーな生活を手に入れる方法がわかるはずです。

接客業をやっている限り、ストレスから解放されることはありません。あなた自身が変わるか、環境を変えるかのどちらかが必要です。

接客業でストレスを溜めない8つの方法

接客業でストレスを溜めない8つの方法

あなたが接客業でストレスを感じているなら、以下8つの対処法を試してみてください。上手く実践できれば、接客業に対するストレスが軽減して精神的に楽になるはずです。

  • 心と体を休める
  • 誰かに相談する
  • お客を下等だと思う
  • 別人格を作って働く
  • 一人になる時間を作る
  • 割り切って仕事をする
  • 小まめにストレス発散する
  • 心を無にして流れ作業に徹する

接客業でストレスを感じる原因へ

心と体を休める

接客業でストレスを感じている時にまずやるべきは、心を体を休めること。日々の接客でストレスを溜め込んだあなたの心と体は疲弊しています。

忙しい毎日の中で、実践できる休み方は以下の通りです。

  • 睡眠時間を確保
  • 趣味に没頭する
  • プライベートは仕事のことを考えない

接客業の場合、連休を取って数日間旅行に行くなどはなかなか難しいはず。毎日の限られた時間の中で上手に休むことを心がけてください。
» 接客業に疲れたら転職するべき理由

誰かに相談する

接客業で感じたストレスを誰かに相談するのも一つの方法です。自分一人で抱え込んだストレスを誰かに話すだけでも心はスッキリします。

できれば同じ職場の人ではなく、家族や友人、恋人などに相談するのがおすすめです。同じ職場だと同じストレスを抱えている可能性もあるため、客観的な意見がもらえない可能性があります。

誰かに相談すれば「自分の悩みは小さいことだった」と思う場合もあるでしょう。接客業でストレスを感じたら、周りの人に相談してみてください。

お客を下等だと思う

毎日の接客でお客に対してストレスを感じているなら、お客のことを「下等」だと思ってみましょう。「下等」と思うことで心に余裕が生まれ、大したストレスを感じなくなります

  • 下等だから去勢を張る
  • 下等だから心に余裕がない
  • 下等だから文句を言ってくる

実際に実践してみると、態度の悪いお客のことがかわいそうにも見えてきます。お客に対してストレスを感じている場合には非常に効果的な対処法です。

ただし素敵な人には「下等」と思わず、感謝の気持ちを持って接しましょう。

別人格を作って働く

接客業では自分を全面に出すのではなく、別人格を作ってみてください。別人格を作って働くと、本当の自分に対するストレスが軽減されます。

クレームを言われている場面でも、別人格に言われているものと感じるでしょう。客観的に見ることもできるので、冷静な判断を下せるようにもなります。

自分を全面に出して働いている場合だと、ストレスを全て自身で受け止めることに。別人格を作れるようになれば、ストレスを感じず快適に働けます。

一人になる時間を作る

接客業でストレスを感じている場合は、一人になる時間を意識的に作ってみてください。接客業では日頃から多くの人と接するため、一人になるだけでも心が落ち着きます。

帰宅して家族がいる場合には、以下の方法で一人になる時間を確保しましょう。

  • 銭湯に行く
  • ドライブする
  • カフェに行く

一人になって本を読んだり趣味に没頭すれば、仕事で得たストレスを自然と発散できます。人との関わりを遮断して、自分時間を確保することは大切です。
» 接客業で人と関わりたくない場合の対処法

割り切って仕事をする

「仕事は仕事」「プライベートはプライベート」と割り切って仕事をすればストレスは溜まりにくくなります。割り切れるようになると、ストレスの原因を仕方ないと思えるからです。

クレームを受けても「クレームを聞くのも仕事だから仕方ない」、お客の態度が悪くても「対応するのが仕事だから仕方ない」と割り切ってみてください。冷静に対処することができ、ストレスも軽減できます。

逆に、プライベートでは仕事のことをいっさい忘れることも大切です。プライベートでは趣味や家族との時間を存分に楽しみましょう。

嫌な上司への対応も、仕事と割り切ることで心が楽になります。

小まめにストレス発散する

仕事中に溜め込んだストレスは小まめに発散しましょう。小まめに発散すれば大きく溜め込むことはないので、心に重くのしかかることはありません。

  • 休憩中に散歩する
  • 甘いお菓子を食べる
  • 休憩中に大きく深呼吸する

とくに公園などの自然の中を散歩するのはおすすめです。散歩は脳のリラックスに効果的で、ストレス解消にも役立ちます。

自然の中を歩くことで、ストレスや不安、さらには依存症、うつ病までも軽減される。
(引用元:ニューズウィーク

小まめにストレスを発散して、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

心を無にして流れ作業に徹する

心を無にして流作業に徹することもストレスを溜め込まないコツの一つです。心を無にしていれば、ストレスになり得ることでも受け流せます

理不尽なクレームを言われた場合は、心で受け止めずにうわべの言葉だけで謝ってみてください。心に傷を負わずにその場を丸く収められます。

心を無にしていても、笑顔は忘れないようにしましょう。嫌なお客や上司に何か言われて無表情でいると、トラブルに発展してしまうかもしれません。
心を無にして笑顔で接客すれば、ストレスを感じることなく仕事を進められます。

» 接客業を辞めてよかった5つの理由

接客業でストレスを感じる9つの原因

接客業でストレスを感じる9つの原因

接客業はストレスがつきもの。接客業でストレスを感じてしまう原因は以下の9つです。

  • お客への対応
  • 休日が不安定
  • 年間休日が少ない
  • 拘束時間が長い
  • 給料が安い
  • 給料に比べて忙しい
  • 人間関係が悪い
  • 立ち仕事で体力的にきつい
  • 売り上げノルマがある

ストレスを感じやすい人の特徴へ

お客への対応

接客業でもっとも多いストレスがお客への対応。接客業はお客と接することがメインの仕事なので、切り離すのは不可能です。

お客からのストレスはほとんどが理不尽なことばかり。ストレスが溜まるのは仕方ありません。

  • クレーム対応
  • 店員を見下したお客の態度
  • 失礼な態度を取らないように気を遣う

お客からのストレスから逃れるのは無理です。ストレスを溜めないように、自分自身で対処しましょう。

休日が不安定

接客業の多くは休日が不安定。土日祝日が稼ぎ時のため、なかなか休めないのが現状です。

平日に休みを取れるのは良くても、家族や友人との時間を過ごせる時間が少なくなります。「自分はいったい何をやっているのか」とストレスに感じることも多いです。

不安定な休日から抜け出すためには、環境を変えるしかありません。安定した休みが欲しいなら、職場を変えることを検討してみてください。

年間休日が少ない

接客業は年間休日が少ないことが多いです。よほど儲かっていない限り、アルバイトなどの人件費を削って利益を出さなければいけません。

下記の通り、他の業種と比べても年間平均休日が少ないことがわかります。とくに「宿泊業、飲食サービス業」に関しては年間平均97.1日と100日以下です。

業種年間平均休日数
情報通信業118.8
学術研究
専門技術サービス業
118.8
金融業・保険業118.4
電気・ガス・熱供給・水道業116.8
教育・学習支援業112.7
製造業111.4
複合サービス事業110.4
不動産業
物品賃貸業
109.6
医療・福祉109.4
サービス業(他に分類されないもの)109.0
卸売業・小売業105.7
生活関連サービス業
娯楽業
104.6
建設業104.0
鉱業・採石業
砂利採取業
103.8
運輸業・郵便業100.3
宿泊業
飲食サービス業
97.1

(参考:厚生労働省 平成 30 年就労条件総合調査の概況

もっとも多い「情報通信業」と比べれば年間20日以上の差があり、接客業では休みの少なさからストレスを感じてしまいます。

厚生労働省 令和 2 年就労条件総合調査の概況」によると年次有給休暇も41.2%ともっとも低いです。

拘束時間が長い

接客業の拘束時間は長いことが多いです。休日が少ないこと同じで、人件費をかけられないからです。

実際、厚生労働省が出したデータでも「宿泊業, サービス飲食業」の労働時間は業種の中でもっとも長いことがわかっています。

産業別に見ると、「金融業, 保険業」が38時間17分で最も短く、「宿泊業, サービス飲食業」が39時間51分で最も長くなっている。
(引用元:厚生労働省 令和 2 年就労条件総合調査の概況

勤務時間が長いほどストレスを溜め込むのは当然のこと。データを見ても、接客業はもっともストレスを溜めやすい業種と言えます。
» 飲食店にブラックすぎる企業が多い理由

給料が安い

接客業は休日も少なく拘束時間が長いにもかかわらず、給料が安いです。接客業は人件費や商品単価など経費のかかる業界であり、日本には接客にお金を払う文化が根付いていないからです。

dodaの出した業界別平均年収ランキングでも「サービス」「小売/外食」は最も低い結果となりました。

業界平均年収
メーカー453万円
金融448万円
総合商社446万円
IT/通信444万円
メディカル426万円
建設/プラント
不動産
418万円
インターネット
広告/メディア
407万円
専門商社406万円
サービス369万円
小売/外食353万円

(参考:【96の業種別】平均年収ランキング

頑張って働いているのに給料が低い。接客業にはストレスが溜まる条件が揃っています。

給料に比べて忙しい

さらに、接客業は忙しいです。人件費をギリギリまで削って利益を出さなければいけないため、自ずと一人当たりの負担が増えてしまいます

時間はあっという間に過ぎるものの、仕事が終わったらクタクタで何もする気が起きないでしょう。それなのに給料が低いのでは割に合いません。

休日も少なく拘束時間も長い、さらに給料も低くて忙しいのではストレスが溜まるのは当然です。

» 飲食からの転職でおすすめの業界・職種

人間関係が悪い

接客業では人間関係の悪さからストレスを感じてしまうことがあります。数ある業界の中でも、接客業は人間関係の悪くなりやすい業界だからです。

下記の通り、接客業には心に余裕のない人が集まる条件が揃っています。

  • お金がない
  • 時間がない
  • 疲労が溜まっている

接客業には負の連鎖が発生しており、嫌な上司・嫌な同僚がいることが多いです。

もちろん、人間関係の良い職場もあります。あくまでも人間関係の良い職場が少ないということです。

立ち仕事で体力的にきつい

接客業は基本的に立ち仕事。勤務時間中は立ちっぱなしなので、事務職などパソコンを触る仕事よりも体力的にきついです。

体力を削られているのに、帰宅してからは家事や子供の世話。自分時間も確保したいので、なかなか回復させられません。

疲れているのに動かないといけない状況ではストレスが溜まってしまいます。

売り上げノルマがある

正社員で店長・マネージャークラスともなれば、売り上げノルマに追われます。各店舗では利益を出さないといけないため、上層部も必死だからです。

日々、ノルマを達成できるかの不安に駆られながら勤務するのは精神的に苦痛です。人によっては夜眠れないほど気になってしまう人もいるでしょう。

あなたがまだ店長・マネージャークラスではないとしても、正社員であればキャリアを進めるうちに必ずノルマを背負う日がやってきます。
売り上げノルマのストレスから逃れるには精神的に強くなるか接客業以外へ環境を変えるしかありません。

» 接客業をもうやりたくない場合の対処法3つ

接客業でストレスを感じやすい人の特徴7つ

接客業でストレスを感じやすい人の特徴7つ

接客業でストレスを感じやすい人には特徴があります。あなたが以下の7つに一つでも当てはまっていたら、接客業で人よりもストレスを抱えやすいです。

  • マイペース
  • 感受性が強い
  • 自己主張が強い
  • プライドが高い
  • 物事を考えすぎる
  • 切り替えができない
  • 接客業が合っていない

ストレス解消できない場合の対処法へ

マイペース

マイペースな人は、接客業でストレスを感じてしまう人の典型です。接客業では自分のペースではなく、お客のペースに合わさなければいけません

自分では一生懸命やっていても、マイペースだとお客に急かされたり上司に怒られたりします。性格を変えるのは難しいため、接客業をやっている限りストレスを溜めてしまうことが多いです。

マイペースが悪いわけではありません。接客業以外の場で活躍できる場があるはずです。

感受性が強い

感受性が強いタイプは、接客業でストレスを感じやすいです。接客業では多種多様な人と触れ合うため、負の刺激もたくさん受け止めてしまいます

  • 態度の悪いお客
  • お客の心ない言葉
  • ちょっとした失敗

普通は気にしないことでも、感受性が強い人にとっては大きなストレスです。

感受性が強い人は、上手く受け流せるスキルを身につけましょう。

自己主張が強い

自己主張が強いタイプも、接客業ではストレスを感じてしまいます。接客業では自己を主張する仕事ではなく、お客を優先にする仕事だからです。

あなたが疲れていたり忙しくても、お客には関係ありません。自己を主張しても、お客には「態度の悪い店員」と思われるだけです。

自己主張が強いでも、オンオフの切り替えが上手い人はストレスを上手く緩和できます。勤務中は仕事と割り切って、ストレスを溜めないようにしましょう。

プライドが高い

高いプライドを持っている人は、接客業でストレスを感じてしまいます。基本的に接客業は、お客を敬わなければいけないからです。

自分のミスを認めたくなくてお客に悪い態度を取ってしまうと、上司に怒られるのは自分。プライドを捨てられない人は接客業でストレスを溜め続けるだけです。

プライドの高い人は接客業をする場合、お客への対応力を高めて平然と業務をこなせるようになりましょう。

仕事自体にプライドを持てば、上手くストレスを軽減できます。

物事を考えすぎる

物事を考え過ぎてしまう人はストレスを溜めやすいです。接客業は日々さまざまなストレスがあるため、考え過ぎると溜め込んでしまいます。

  • 上司に怒られた
  • お客に文句を言われた
  • お客に迷惑をかけてしまった

接客業では、ストレスを感じても小まめに発散することが大切です。接客業をするなら、細かいことは気にせずに受け流すことを意識しましょう。

切り替えができない

オンオフの切り替えができない人は、接客業でストレスを感じやすいです。素の自分のまま勤務してしまうとストレスを受け流せません

クレームを言われても客観的に見ることができず「自分が悪かった」と思い込んでしまいます。切り替えできていれば、他人事として冷静に処理できるはずです。

接客業でストレスを溜めないためにはオンオフの切り替えが大切。上手く気持ちを切り替えて、ストレスを受け流してください。

接客業が合っていない

接客業にストレスを感じるのであれば、接客業自体があっていない可能性があります。合わない仕事にストレスを感じるのは当然です。

  • 柔軟な対応が苦手
  • やりがいを感じない
  • コミュニケーションが苦手

上記の特徴を持つ人は接客業が向いていないのかもしれません。接客業以外の環境に身を置くことで、ストレスなく快適に勤務できるでしょう。
» 接客業からの転職でおすすめの職種・業界

転職するなら転職エージェント
接客業から異業種に転職するなら転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは面談であなたの強みを見出し、最適な転職先を提案してくれます。

接客業にストレスを解消できない場合の対処法2つ

接客業にストレスを解消できない場合の対処法2つ

どんなに対策を施してもストレスが解消できない場合、以下2つの方法を検討しましょう。ストレスをリセットできるはずです。

  • 休職
  • 転職

ストレスを感じたままがヤバい理由へ

休職

今の仕事が嫌いではないのにストレスが溜まってしまっている場合、休職を検討してください。一旦休んでリフレッシュすることでストレスを解消できます。

休職とは?
休職とは、雇用契約を継続したまま長期間の労働義務を免除されることです。会社によって規定が違うため、制度の有無や条件について確認しましょう。
ただし休職には診断書が必要など、現実は取得が難しい場合が多いです。休職に関して詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
» 休職とは?|カオナビ

転職

あらゆる対策を施してもストレスを解消できないなら、転職を検討しましょう。今いる職場自体が合っていない可能性があります。

接客業から転職を検討する場合、パターンは2つです。

  • 接客業のまま職場を変える
  • 接客業以外の異業種に転職

接客業へのこだわりがなければ、異業種への転職もおすすめです。接客業ではコミュニケーションスキルや柔軟性などが身につくため、異業種に転職しても十分活躍できます。
» 接客業のストレスで辞めたい時の対処法

転職エージェントに相談すれば、今後のキャリアを適切に決められます。転職エージェントは転職のプロなので、あなたの性格や強みから最適な求人を紹介してくれるからです。

おすすめの転職エージェント »

職場を変えるだけで驚くほどストレスフリーになることは多いです。

接客業でストレスを感じたままだとヤバい4つの理由

接客業でストレスを感じたままだとヤバい4つの理由

接客業で感じているストレスをそのまま放置しておくのはおすすめできません。ストレスを溜め込んだままだと、以下4つのリスクがあるからです。

  • 病気になる
  • 笑えなくなる
  • 性格悪くなる
  • 人間嫌いになる

接客業のストレスのまとめへ

病気になる

接客業で受けたストレスは、精神的な病気の発症させることがあります。精神病はストレスが主な原因だからです。

  • うつ病
  • 適応障害

» うつ病と適応障害の違いについて

病気を発祥してしまうと長期離脱や転職からは逃れられません。今後の人生に重大な傷を残す可能性もあるので、早めに対策をしましょう。

» 接客業のストレスによる2つの病気と対処法
» 接客業で心が病む3つの理由と4つの対処法

笑えなくなる

接客業でストレスを感じている人の中には、笑えなくなる人もいます。ストレスを溜めすぎると、感情がなくなっていくからです。

笑えなくなると仕事で支障が出る上、日常生活にも影響が及ぶので注意してください。

  • 冷たい印象を与える
  • 販売意欲を失せさせる
  • コミュニケーションが難航になる
仕事はまだしも、笑顔がなくなると家族や友人との関係が悪化することもあります。

接客業では笑顔が基本。笑顔がなくなる状態は危険です。
» 接客業で笑えなくなった場合の対処法

性格悪くなる

接客業でストレスを溜め続けると、性格が悪くなる人もいます。ストレスは心の余裕をなくすからです。

ストレスは少しのことでもあなたをイライラさせてしまいます。イライラしている人の中には、他人に意地悪してストレス発散する人も多いです。

性格が悪くなると家族や友人、恋人との関係も悪くなります。いつの間にか味方がいない状態にもなるので早めに対処しましょう。
» 接客業だと性格が悪くなる5つ理由と対処法

人間嫌いになる

接客業でストレスを感じていると、人間嫌いになる人もいます。接客業でストレスを受けている人は、人間の嫌な部分を目の当たりにしていることが多いからです。

  • 店員を見下す態度
  • 理不尽なクレーム
  • 非常識なお客の行動

少数派とはいえ、上記のような人は印象に残りやすく心に影響を与えます。人の嫌な部分ばかりが心に残り、良い人でも「裏ではどうせ汚い部分もあるはず」と感じてしまう場合が多いです。

人間嫌いになると人を信用できずに孤独になって、結婚・友人との交流もなくなっていきます。一人ぼっちの人生ほど寂しいことはありません。
» 接客業だと人間嫌いになる理由と対処法

手遅れになる前に環境を変えることを早めに検討しましょう。

» 接客業だと人間不信になる理由と対処法

退職代行なら明日から出社不要!
退職代行サービスを利用すれば明日から出社する必要はありません。接客業でストレスを抱えている人は退職代行サービスを利用しましょう。
ただし退職代行サービスには違法業者もあるので注意が必要です。『退職代行ガーディアン』なら労働組合法人が運営しているのに低額料金なので安心して利用できます。
» 退職代行ガーディアンの口コミ・評判

接客業のストレスには対処が必要

接客業のストレスには対処が必要

接客業をやっている限りストレスから逃れられる方法はありません。接客業ではあなた自身が変わり、ストレスを溜めない方法を実践することが大切です。

  • 心と体を休める
  • 誰かに相談する
  • お客を下等だと思う
  • 別人格を作って働く
  • 一人になる時間を作る
  • 割り切って仕事をする
  • 小まめにストレス発散する
  • 心を無にして流れ作業に徹する

接客業でストレスを溜めない方法へ

どうしても接客業のストレスを解消できないのであれば、環境を変えることを検討してみてください。接客業から離れてみれば、ストレスから解放されて充実したキャリアを歩めます。

実際に管理人も、15年の接客業から解放されてストレスフリーな毎日を過ごしています。長く接客業をやっていたからといっても、こだわる必要は全くありません

あなたが接客業のストレスから解放されて充実した人生を過ごしたいなら、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。転職エージェントはあなたの強みを見出して、新たな可能性を引き出してくれます。

転職エージェントは無料で利用できるので相談するだけでも損はありません。

おすすめの転職エージェントを見る

転職に失敗したくないなら…

転職に失敗したくないなら...

転職に失敗せずに適切なキャリアを歩みたいなら転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは完全無料で転職のプロがあなたをサポートしてくれます。あなたに最適な企業の紹介・書類添削・面接対策など、転職を成功させるサポートが充実。転職エージェントを使わない転職はリスクが増すだけです。

おすすめの転職エージェントを見る