【要注意】接客業に疲れたと感じる5つの理由!しんどいときの対処法

【要注意】接客業に疲れたと感じる5つの理由!しんどいときの対処法
この記事で解決できる悩み
  • 接客業以外の仕事に就ける自信がない…
  • 転職したらもっとしんどいのかな…?
  • ストレスフリーで働ける仕事に就きたい

接客業は他の仕事に比べてしんどいことが多いです。「疲れた…」と感じる人は少なくありません。心と体が疲れたままだと充実した生活を送れないため対処が必要です。

この記事では、接客業に疲れたと感じる理由と対処法を解説します。記事を読めば、今の状況を変えて快適に暮らす方法が分かります

接客業をやっている限り、生活はずっとしんどいままです。疲れたまま何もしないと、心に悪影響が出ます。

接客業で身につけたスキルを活かせる仕事に転職しましょう。

目次

接客業に疲れたと感じる5つの理由

接客業に疲れたと感じる5つの理由

接客業に疲れたと感じる理由は以下の5つです。

  • 不規則な勤務体制
  • クレーム対応がある
  • しんどいのに低収入
  • 笑顔を作る必要がある
  • お客に合わせて動く必要がある

不規則な勤務体制

接客業の勤務体制は不規則です。土日祝日は関係なく、早番・遅番などのシフト体制で働きます。

生活が安定しないだけでなく、接客業は体調管理の難しい仕事。不規則な生活に耐えられるだけの体力が必要です。

不規則な勤務体制により、家族や友人との時間は少なくなります。体力的な面だけでなく、精神的にもしんどい仕事です。

不規則な勤務体制に慣れないと、接客業に疲れてしまいます。

クレーム対応がある

接客業にクレーム対応はつきものです。接客業では多くの人と接します。毎日のようにクレーム対応しなければいけません。

中には、理不尽なクレームを言ってくる人もいます。「自分は悪くないのに謝罪しなければいけない」という状況に、疲れたと感じる人は多いです。

接客業を続ける限り、クレーム対応からは逃れられません。クレーム対応を避けたいのであれば、接客業以外の仕事に就く必要があります。

しんどいのに低収入

接客業は体力的にしんどいにも関わらず、給料が少ない仕事です。接客業の収入は数ある仕事の中でももっとも低いことが分かっています。

業界平均年収
金融455万円
メーカー455万円
総合商社434万円
IT/通信433万円
建設/プラント/不動産416万円
メディカル410万円
専門商社408万円
インターネット
広告/メディア
405万円
サービス367万円
小売/外食351万円
(参考:【96の業種別】平均年収ランキング)

接客業は労働時間も長く、休日も少ない仕事です。「頑張っているのに低収入」という状況に、疲れたと感じるのは仕方ありません。

接客業から異業種に転職すれば、労働環境は改善されます。

笑顔を作る必要がある

接客業は仕事中に笑顔を作る必要があります。お客に良い印象を与えるためです。

笑顔なしで仕事をしていると、クレームに繋がる可能性もあります。精神的に疲れているときでも、無理して笑顔を作らなければいけません。

嘘の笑顔を作ることに、疲れたと感じる人は多いです。無理に笑顔を作ることに疲れたなら、人と接しない仕事に就く必要があります
» 接客業をもうやりたくないときの対処法

お客に合わせて動く必要がある

接客業はお客に合わせて動くことに疲れたと感じる人がいます。人のペースに合わせるのは疲れるからです。

中には、以下のようなお客もいます。お客ごとに合わせながら動くのはしんどいです。

  • 横柄な態度
  • わがままを言う
  • 話しが通じない

人に合わせて動くことに疲れたなら、人と接しない仕事に就きましょう。人との関わりがない仕事に就けば、ストレスフリーで働けます。
» 接客業で人と関わりたくないときの対処法

リモートワークや事務職は、比較的自分のペースで働ける仕事です。

接客業に疲れたと感じるときのリスク

接客業に疲れたと感じるときのリスク

接客業に疲れたと感じる人は、以下のリスクを背負っています。後悔する前に対処しなければいけません。

  • 病気になる
  • 死にたくなる
  • 笑えなくなる
  • 性格が悪くなる
  • 人間嫌いになる

病気になる

接客業に疲れたと感じたまま働き続けると、病気になる可能性があります。メンタルへのストレスが溜まり続けている状況だからです。

接客業では以下の病気にかかる人がいます。

  • うつ病
  • 適応障害

日本でうつ病にかかったことのある人の割合は6.7%、適応障害の有病割合は2〜8%です。
» 接客業のストレスによる病気

接客業に疲れたと感じるなら、早めに対処しないと病気になります。あなたが思っている以上に、病気を発症する確率は高いです。

死にたくなる

接客業で疲れてしんどいまま仕事を続けていると、死にたくなることがあります。接客業で受けたストレスが限界を超えるからです。

死にたくなるほどメンタルがやられる前に仕事を辞めましょう。仕事を辞めれば、自分の悩みが小さいことだったと気づきます。
» 接客業で心が病む理由と対処法

仕事はたくさんあるので、今の仕事にこだわる必要はありません。

笑えなくなる

接客業に疲れたと感じながら仕事を続けていると、笑えなくなることがあります。大きくストレスが溜まり、感情がなくなるからです。

接客業で笑えなくなると、仕事に支障があります。お客や上司から注意され、さらにストレスを溜めることに…。

接客業がしんどいと感じたら、すぐに対処しましょう。笑えなくなると仕事だけでなく、日常生活にも支障があります
» 接客業で笑えなくなったの理由と対処法

性格が悪くなる

接客業で疲れてくると、性格が悪くなる人がいます。しんどい毎日が続いて、心に余裕がなくなるからです。

心が荒むと、自分では気づかないうちに周りへ迷惑をかけていることもあります。以下のような行動を取っていないか確認してみてください。

  • 悪口を言う
  • 意地悪をする
  • 人の不幸を喜ぶ

性格が悪くなると周りに人がいなくなり、誰も助けてくれなくなります。一人ぼっちになる前に環境を変えてリフレッシュしましょう
» 接客業だと性格が悪くなる理由と対処法

人間嫌いになる

接客業で疲れると、人間嫌いになる人がいます。人の嫌な部分に接していることが理由で疲れている可能性があるからです。

接客業は毎日多くのお客と接します。非常識でストレスの溜まるお客にも対応しなければいけません。
» 接客業だと人間不信になる理由と対処法

人間嫌いになると接客業ではさらにストレスが生まれます。悪循環になる前に対処して環境を変えましょう
» 接客業だと人間嫌いになる理由と対処法

接客業に疲れたときの対処法

接客業に疲れたときの対処法

接客業に疲れたときの対処法は以下の通りです。3つの手順を踏むだけで、しんどい接客業からスムーズに抜け出せます。

  1. 辞める理由を考える
  2. 辞める時期を考える
  3. 転職サービスに登録する

STEP1:辞める理由を考える

まずは、接客業を辞める理由を考えてみてください。疲れたと感じているなら、辞めたい理由があるはずです。

辞める理由が明確でないと、行動には移せません。疲れたと感じる理由から「どのようになりたいのか」を考えてみてください。

STEP2:辞める時期を考える

次に、接客業を辞める時期を考えてみてください。辞める理由が明確でも、いきなり辞めることはできないからです。

業務の引き継ぎや貯金額などから、余裕を持って退職する時期を考えましょう。職場に迷惑をかけたり、生活に支障が出たりするのはおすすめできません。

業務の引き継ぎには、おおよそ1ヶ月ほどかかります。

STEP3:転職サービスに登録する

接客業を辞める時期が決まったら、転職サービスに登録しましょう。転職サービスは在職中でも利用可能です。在職中に転職サービスへ登録しておけば、退職後スムーズに仕事先が見つかります。

転職サービスは大きく分けて2つです。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

転職サイト

まだ転職を決断できていない人は、転職サイトを利用しましょう。転職サイトなら、自分のペースで転職活動を進められます

転職サイトを見て特に興味のある求人がなければ、とりあえず仕事を続けてOKです。転職を検討し始めたら、まずは転職サイトに登録してください。

\ストレスフリーな仕事が見つかる!/

転職エージェント

転職に不安を感じている人は、転職エージェントに登録しましょう。転職のプロが無料で仕事の相談に乗ってくれます

転職エージェントを利用すれば、理想の仕事先が見つかる可能性が高いです。接客業からの転職を徹底的にサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で利用できるので、転職するなら必ず登録してください。

\接客業からの転職をプロがサポート!/

ハローワークはおすすめしない

転職する際にハローワークの利用はおすすめしません。ハローワークにある求人はブラック企業が多いからです。ハローワークを利用しても、また仕事に「疲れた」と感じる可能性があります。

接客業に疲れた人が目指すべき転職先

接客業に疲れた人が目指すべき転職先

接客業に疲れた人は、以下3つのポイントを参考に転職先を探してみてください。接客業で感じたストレスがなく、快適な生活が手に入ります。

  • 人と関わらない仕事
  • リモートワーク可能な仕事
  • 労働条件の良いホワイト企業

人と関わらない仕事

接客業に疲れたら、人と関わらない仕事をおすすめします。接客業で感じた疲れの原因は人であることが大きいからです。

人と関わらない仕事の具体例は以下の通り。

  • 事務職
  • 工場勤務
  • Webライター

人と関わらないことでストレスはほとんどなくなります。毎日仕事していても、心に負担はありません。

ただし、仕事をする限り完全に人と関わらないことは難しいです。あくまでも「ストレスが減る」だけということは心得ておきましょう。

リモートワーク可能な仕事

接客業に疲れたなら、リモートワークができる仕事も検討してみましょう。通勤時間や上司・同僚との関わりがほぼなくなります

2020年に新型コロナウィルスが流行して以降、正社員でもリモートワークできる企業が増えました。リモートワークはフリーランスや個人事業主だけの特権ではありません。

ただし、リモートワークにはある程度のパソコンスキルが必要です。パソコンを一度も触ったことのない人には難しいかもしれません。

簡単な事務職であれば、少しのパソコンスキルでも転職できます。

労働条件の良いホワイト企業

接客業から転職するなら、労働条件の良い企業を選びましょう。接客業と同じような労働条件では同じように疲れてしまいます

たとえ給料が少なくても、以下の条件があれば仕事をしていても疲れません。

  • 残業がない
  • 家族手当がある
  • 有給休暇を取得できる

労働条件は快適に仕事できる要因の一つです。

接客業に疲れたら転職するべき3つの理由

接客業に疲れたら転職するべき3つの理由

接客業に疲れたら転職を検討するべき理由は以下の3つです。接客業からの転職にはメリットがたくさんあります。

  • 労働条件が良くなる
  • ストレスから解放される
  • 接客業のスキルは異業種でも役立つ

労働条件が良くなる

接客業から転職すれば労働条件が良くなって疲れが軽減します。接客業は労働条件の悪い仕事だからです。

  • 給料が少ない
  • 休日が少ない
  • 拘束時間が長い

dodaの出した業界別平均年収ランキングでは「サービス」「小売/外食」は最も低い結果となりました。

業界平均年収
金融455万円
メーカー455万円
総合商社434万円
IT/通信433万円
建設/プラント/不動産416万円
メディカル410万円
専門商社408万円
インターネット
広告/メディア
405万円
サービス367万円
小売/外食351万円
(参考:【96の業種別】平均年収ランキング)

休日も「宿泊業、飲食サービス業」に関しては年間平均97.1日と100日以下です。

業種年間平均休日数
情報通信業118.8
学術研究
専門技術サービス業
118.8
金融業・保険業118.4
電気・ガス
熱供給・水道業
116.8
教育・学習支援業112.7
製造業111.4
複合サービス事業110.4
不動産業
物品賃貸業
109.6
医療・福祉109.4
サービス業
(他に分類されないもの)
109.0
卸売業・小売業105.7
生活関連サービス業
娯楽業
104.6
建設業104.0
鉱業・採石業
砂利採取業
103.8
運輸業・郵便業100.3
宿泊業
飲食サービス業
97.1
(参考:厚生労働省 平成 30 年就労条件総合調査の概況)

拘束時間も厚生労働省が出したデータから「宿泊業, サービス飲食業」の労働時間は業種の中でもっとも長いことが分かっています。

産業別に見ると、「金融業, 保険業」が38時間17分で最も短く、「宿泊業, サービス飲食業」が39時間51分で最も長くなっている。

厚生労働省

一生懸命働いたのに低収入では疲れるのも当然です。接客業以外の仕事であれば労働条件が良くなり、快適な生活が手に入ります。
» 接客業を辞めてよかった理由

「接客業以外の仕事はこんなに楽だったんだ」と感じます。

ストレスから解放される

転職すれば接客業のストレスから解放されます。接客業は数ある中でもストレスの溜まりやすい仕事です。

  • 面倒なお客
  • 理不尽なクレーム
  • 嫌な上司・同僚との関係

職場の人間関係に関しては良い場合もありますが、お客は自分で選べません。世の中には非常識な人がたくさんいます。接客業をやっている限りストレスからは逃げられません

接客業から離れると人と接するストレスがなくなります。精神的に疲れることが少なくなり、快適な毎日を手に入れることが可能です。
» 接客業でストレスを溜めない方法

接客業のスキルは異業種でも役立つ

接客業で得たスキルは異業種でも活かせます。接客業で得られるスキルは豊富だからです。

  • 柔軟性
  • 観察力
  • 傾聴力
  • 質問力
  • 提案力
  • コミュニケーションスキル

接客業しかしたことない場合でも安心してください。書類選考や面接などで上手くスキルをアピールしましょう。あなたの魅力が伝わり、転職を成功させられます。
» 接客業から転職する方法

接客業に疲れたら転職しよう

接客業に疲れたら転職しよう

接客業に疲れたら転職を検討してください。しんどいまま接客業を続けると、精神的な負担で病んでしまうこともあります。

接客業に疲れたときの対処法は以下の通りです。

  1. 辞める理由を考える
  2. 辞める時期を考える
  3. 転職サービスに登録する

接客業から異業種への転職を検討するなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用すれば、ストレスフリーで働ける職場が見つかる可能性が高いです。

転職エージェントの利用は無料なので、相談だけでもしてみてください。

\接客業からの転職をプロがサポート!/

目次
閉じる