【つらい】接客業を辞めたい理由10選!ストレスから解放されるための対処法

【つらい】接客業を辞めたい理由10選!ストレスから解放されるための対処法
この記事で解決できる悩み
  • 毎日クレームに怯えながら接客業の仕事をしている…
  • 接客業の不規則なシフトとストレスで精神的につらい…
  • 接客業を辞めたいと思うけど次の仕事が見つかるのか不安…

接客業ではクレームや不規則なシフトなど、ストレスが溜まることが多いです。毎日ストレスを抱えながら、お客に笑顔を振り撒かなければいけないのはつらいはず…。

この記事では、接客業を辞めたいと思ったときの対処法を解説します。記事を読めば、後悔のないキャリアを歩む方法が分かります

まずは、接客業を辞めたいと思う理由を明確にしましょう。理由が明確になったら、辞める時期を決めて転職サービスに登録してください。

接客業で身につけたスキルは、異業種にも活かせます。

目次

接客業を辞めたい理由10選

接客業を辞めたい理由10選

接客業を辞めたいときによくある理由は以下の10個です。まずは、辞めたいと思う理由を明確にしてみてください。

給料が低い

接客業は給料が低いです。dodaの出した業界別平均年収ランキングでは「サービス」「小売/外食」の平均収入が最も低い結果となりました。

業界平均年収
金融455万円
メーカー455万円
総合商社434万円
IT/通信433万円
建設/プラント/不動産416万円
メディカル410万円
専門商社408万円
インターネット
広告/メディア
405万円
サービス367万円
小売/外食351万円
(参考:【96の業種別】平均年収ランキング)

給料が低いと生活水準は下がります。他の業界で活躍している同年代と自分を比べると「辞めたい」と感じるのは当然です。

給料を上げたいなら、接客業から異業種への転職を考えましょう。

長時間労働

接客業は長時間労働を強いられる場合が多々あります。人件費を抑えるためです。

接客業は1〜2人の正社員の他、パートで店を回すのが基本。パートの人件費を抑えるために、正社員が長時間働かざるを得ません。

実際、厚生労働省が出したデータから「宿泊業, サービス飲食業」の労働時間が、業種の中でもっとも長いことが分かりました。

産業別に見ると、「金融業, 保険業」が38時間17分で最も短く、「宿泊業, サービス飲食業」が39時間51分で最も長くなっている。

厚生労働省

定時で帰宅している他の仕事を見ていると、接客業を辞めたいと感じてしまいます。事実、接客業を辞めて異業種に転職すれば、労働時間が短くなる可能性が高いです。

異動が多い

接客業は異動が多いです。接客業は人材の入れ替わりが激しく、正社員は穴埋めとして使われるからです。

異動が多いと生活スタイルが安定しません。職場に馴染んできたころに異動があると、また人間関係を構築する必要もあります。

「同じ場所で働き続けたい」と感じ始めて、接客業を辞めたいと感じる人が多いです。

休みが不規則

接客業は休みが不規則です。土日祝日は関係なく、時間も決められていません

休みが不規則だと、家族や友人と過ごす時間も短くなります。「プライベートを充実させたい」といって、接客業を辞めたいと感じる人は多いです。

接客業は休みが少ないのもデメリット。下記の通り「宿泊業、飲食サービス業」は年間平均97.1日と100日以下です。

業種年間平均休日数
情報通信業118.8
学術研究
専門技術サービス業
118.8
金融業・保険業118.4
電気・ガス
熱供給・水道業
116.8
教育・学習支援業112.7
製造業111.4
複合サービス事業110.4
不動産業
物品賃貸業
109.6
医療・福祉109.4
サービス業
(他に分類されないもの)
109.0
卸売業・小売業105.7
生活関連サービス業
娯楽業
104.6
建設業104.0
鉱業・採石業
砂利採取業
103.8
運輸業・郵便業100.3
宿泊業
飲食サービス業
97.1
(参考:厚生労働省 平成 30 年就労条件総合調査の概況)

接客業を辞めれば、休日が安定して家族や友人との時間を充実させられます。プライベートを充実させたいなら、接客業を辞めて異業種に転職しましょう。

ノルマがある

接客業の正社員にはノルマがあることが多いです。会社は利益を確保するため、店舗ごとに売上の予定を立てなければいけません

現場で働いている正社員は、ノルマのプレッシャーが重くのしかかります。プレッシャーを感じるのが嫌で、接客業を辞めたいと感じる人が多いです。

しかし、ノルマは営業など他の業種にも存在します。ノルマのプレッシャーを避けたいなら、一般事務や製造などの仕事に就きましょう

ノルマのない仕事に転職すれば、プレッシャーから解放されます。

将来性がない

接客業には将来性がありません。理由は以下の3つです。

  • スキルが身につかない
  • 昇進しても給料が少ない
  • AIに置き換わってきている

長期的なキャリアを考えたとき、接客業を続けることに不安を感じてしまいます。「今のままではいけない」と感じて、接客業を辞めたいと感じる人が多いです。

接客がAIに置き換わることで、人の需要は確実に減ります。接客業を続けても、いつか解雇される可能性が高いです。

体力的にきつい

接客業は体力的につらい仕事です。1日中立ちっぱなしで、動き続けなければいけません。

接客業は基本的に人手不足です。ギリギリの人員の中、お客の対応に追われます。体力的なだけでなく、精神的にもつらい仕事です。

体力的な限界を感じて、接客業を辞めたいと感じる人はたくさんいます。接客業を辞めて異業種に転職すれば、体力的に楽になる可能性が高いです。
» 接客業に疲れたときの対処法

体力的につらい人は一般事務などの仕事に転職しましょう。

人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いことで、接客業を辞めたいと感じる人はたくさんいます。接客業はスタッフ同士で連携を取りながらこなす仕事だからです。

人間関係の悪い職場だと、常にストレスを抱えながら仕事をしなければいけません。「人と関わりたくない」と感じると、接客業を辞めたくなります。
» 接客業で人と関わりたくないときの対処法

製造業やリモートワークOKの仕事だと、人間関係で悩むことは少ないです。人間関係にストレスを感じている人は、接客業から異業種への転職を検討しましょう。

スキルが増えない

接客業を続けていてもスキルは増えません。一定のスキルを身につけた後、成長は頭打ちになるからです。

しかし、接客業で身につくスキルは異業種に活かせます。ある程度スキルを身につけたら、異業種に挑戦しましょう。

接客業で身につく主なスキルは以下の通りです。

  • 柔軟性
  • 観察力
  • 傾聴力
  • 質問力
  • 提案力
  • 接客スキル
  • コミュニケーションスキル

転職時に上記のスキルをアピールすれば、応募先に好印象を与えます。未経験の業種に応募する際も、自信を持ってください。

クレーム対応が辛い

接客業にはクレーム対応がつきものです。多種多様のお客と毎日接するため、クレームからは逃れられません。

理不尽なクレームに対応していると、ストレスが溜まります。ストレスを感じながら仕事を続けていれば、接客業を辞めたいと感じるのは当然です。
» 接客業のストレスを解消する方法

人と関わらない仕事に就けば、クレーム対応のストレスから解放されます。

接客業にこだわる必要はない

接客業にこだわる必要は全くありません。接客業しかやってこなかった人でも、他の仕事で十分に活躍できます。接客業を辞めたいなら、異業種への転職を検討しましょう。
» 接客業をもうやりたくないときの対処法

辞めたい接客業を続けるリスク

辞めたい接客業を続けるリスク

接客業で慢性的なストレスを感じて「辞めたい」と思っているなら、すぐに辞めるべきです。そのまま仕事を続けていると、以下の症状が出る可能性があります。

笑えなくなる

接客業を辞めたいと感じながら仕事を続けていると、笑えなくなることがあります。ストレスが溜まり、感情を失うことがあるからです。

接客業で笑えないのは致命的。お客に態度が悪いと感じられたり「愛想が悪い」とお店の評判を下げたりすることにも繋がります。

笑わない人に人は寄ってきません。いつの間にか友人も離れていき、一人ぼっちになる可能性もあります。
» 接客業で笑えなくなった理由

笑えなくなる状態は危険です。早めに対処しましょう。

性格が悪くなる

辞めたいと感じているのに接客業を続けていると、性格が悪くなることがあります。ストレスを感じると心の余裕がなくなり、他人に優しくできないからです。

  • つい悪口を言ってしまう
  • 嫌がらせでストレス発散する
  • イライラした気持ちに他人を巻き込む

性格が悪いと人が寄って来なくなります。気づかないうちに他人を不快にしていることもあるので注意してください。
» 接客業だと性格が悪くなる理由

人間嫌いになる

接客業を辞めたいのに何も対処していないと、人間嫌いになる可能性があります。自分にストレスを与えるお客や上司の姿を人間の本来の姿だと感じてしまうからです。

  • 店員を見下す態度
  • 理不尽なクレーム
  • 非常識なお客の行動

人間の嫌な部分ばかり見ていると人を信用できなくなります。人を信用できないと一人を選んでしまい、寂しい人生を歩むことに…。
» 接客業だと人間嫌いになる理由

一刻も早く環境を変えて綺麗な心を手に入れましょう。

人間不信になる

辞めたいと感じながら接客業を続けていると、人間不信になる可能性もあります。接客業では人間の嫌な部分を目の当たりにするからです。

お客や上司の中には、あなたのことを一人の人間として扱わない人もいます。粗末な扱いをされることで、人間不信に陥るのです。
» 接客業だと人間不信になる理由

人間不信になると、家族や友人にも心を許せなくなります。人生に悪影響を及ぼす前に、接客業から抜け出しましょう。

病む・病気になる

辞めたいと感じながら接客業を続けて大きなストレスを抱えると、病気になるケースもあります。接客業では以下2つの病気を発症しやすいです。

  • うつ病
  • 適応障害

日本でうつ病にかかったことのある人の割合は6.7%、適応障害の有病割合は2〜8%、男女比率は2:1です。あなたが発症してもおかしくありません。
» 接客業のストレスによる病気

病気になると今後の人生に悪影響を与えます。取り返しのつかないことになる前に対処してください。
» 接客業で心が病む理由

接客業を辞めたいときの対処法

接客業を辞めたいときの対処法

接客業を辞めたいと感じたときの対処法は以下の通りです。接客業のストレスから解放され、満足できるキャリアを歩めます。

STEP1:辞めたい理由を明確にする

接客業を辞める前に、辞めたい理由を明確にしましょう。あやふやな理由で辞めてしまうと後悔する可能性もあります。

解決できる理由であれば、わざわざ転職する必要もありません。転職しても同じストレスで悩むことがあれば、単なる繰り返しです。

「なぜ辞めたいのか?」「本当に辞めるべきなのか?」とよく考えてみてください。辞めたい理由が明確になれば、次に就くべき仕事の特徴が分かります

STEP2:辞める時期を決める

接客業を辞めたい理由が明確になったら、辞める時期を決めましょう。計画的に行動しないと、いつまで経っても接客業を辞められません

辞める時期から逆算して行動してください。辞めると決めた時期の、2ヶ月程度前から転職の準備を進めておくことが大切です。

転職活動を始めても、すぐに次の職場が決まるわけではありません。転職時期は余裕を持って考えましょう。

STEP3:転職サービスに登録する

接客業を辞める時期を決めたら、転職サービスに登録しましょう。転職サービスを利用すれば、効率的に転職活動を進められます

接客業から転職する場合に利用するサービスは主に以下の3つです。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 転職エージェント

ハローワークの利用はおすすめできません。ハローワークには無料で求人を掲載できます。利益の出ていないブラック企業も多いです。

接客業から異業種に転職するなら、転職エージェントを利用してください。転職のプロが、異業種への転職を無料でサポートしてくれます。一人で利用するよりも、転職を成功させられる可能性が高いです。

\完全無料でプロに転職の悩みを相談できる/

自分のペースで転職を進めたいなら、転職サイトに登録しましょう。転職サイトは自分で求人を探して応募します。マイペースで転職活動したい人におすすめです。

\自分のペースで転職活動できる!/

在職中でも転職サービスに登録できます。

接客業を辞めてよかった人は多い

「接客業を辞めてよかった」という人は多いです。接客業を辞めると、あらゆるストレスから解放されます。接客業を辞めたいと感じているなら、行動しないと後悔する可能性が高いです。
» 接客業を辞めてよかった理由

接客業を辞めるときの注意点

接客業を辞めるときの注意点

接客業を辞めたい場合、いくつかの注意点を押さえておきましょう。以下4つの注意点を押さえておけば、退職しても後悔はしません。

無断欠勤・音信不通はNG

接客業をすぐに辞めたくても、無断欠勤や音信不通はいけません。職場に迷惑がかかるだけでなく、減給や損害賠償の可能性もあります

接客業を辞めたいなら、正式な手続きで退職しましょう。民法627条でも以下のように定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法627条

裏を返すと、退職の申し出をすれば企業は受け入れなければいけないということ。転職を心に決めたら、無断欠勤や音信不通になることなく退職することを伝えてください。

退職代行なら明日から出社不要

退職代行サービスを利用すれば、明日から出社する必要はありません。退職したくてもできない人や言い出しにくい理由がある人は、退職代行サービスを利用しましょう。

\退職成功率100%!/

前向きな退職理由を伝える

転職の面接では、前向きな転職理由を伝えてください。ネガティブな退職理由を伝えると、採用担当者への印象が悪いです。

接客業を辞めた理由がネガティブだとしても、ポジティブな理由に変換しましょう。「給料が低い」が辞める理由なら「キャリアアップしたい」と伝えてください。

職場に退職の希望を伝えるときも、前向きな理由を伝えるとスムーズです。

辞めた後のキャリアを考える

実際に退職を決めたら、今後のキャリアを具体的に考えましょう。プランもなく闇雲に転職してしまうと失敗します

  • 自分に合う仕事は何なのか?
  • 自分のやりたいことは何なのか?

「これだ」と思える仕事を見つけて転職活動を始めれば、今後のキャリアを成功に導けるはずです。
» 接客業からの転職でおすすめの職種・業界

自分に最適な仕事が何か分からない人は転職エージェントに相談しましょう。転職のプロがあなたに適した仕事を見出してくれます。

\完全無料でプロに転職の悩みを相談できる/

転職先をしっかりリサーチする

接客業を辞めて転職する場合、転職先の企業をしっかりリサーチしましょう。転職先の企業が今と同じような職場だと、すぐに「辞めたい」と感じてしまいます

企業のリサーチは「転職会議」などの口コミサイトを利用してください。実際に働く人のリアルな声を聞けます。

口コミを見てもよく分からない場合は、転職エージェントに相談してください。転職エージェントは企業と密にコミュニケーションを取っています。リアルな現場の状況を知ることが可能です。

満足できる職場に就くには、企業のリサーチが大切です。

接客業を辞めたいならすぐ行動しよう

接客業を辞めたいならすぐ行動しよう

接客業を辞めたいと感じる人は多いです。辞めたいと感じたまま仕事を続けると、以下のリスクがあります。

  • 笑えなくなる
  • 性格が悪くなる
  • 人間嫌いになる
  • 人間不信になる
  • 病む・病気になる

接客業から異業種に転職すれば、ストレスから解放される可能性が高いです。今のまま接客業を続けても、ストレスからは解放されません。

転職エージェントは異業種への転職を無料でサポートしてくれます。一人で転職活動をするよりも、満足できる職場を見つけられる可能性が高いです。

接客業を辞めたい人は、転職エージェントに登録しましょう。

\完全無料でプロに転職の悩みを相談できる/

目次
閉じる