【最悪】接客業をもう二度とやりたくない5つの理由!続けたくないときの対処法

【最悪】接客業をもう二度とやりたくない5つの理由!続けたくないときの対処法
この記事で解決できる悩み
  • 接客業は休みも給料も少ないからもうやりたくない…
  • 接客業はお客との対応が大変だから二度としたくない…
  • 接客業の仕事は体力的にキツいからもうやりたくない…

接客業は給料や休日など労働条件の割に大変な仕事。接客業をやっていると「もうやりたくない」と思う人は多いです。

この記事では、接客業をもうやりたくないときの理由と対処法を解説します。記事の内容を参考にすれば、快適な生活を手に入れられます

接客業をもうやりたくないと思ったらすぐに環境を変えましょう。接客業以外にも仕事はたくさんあります。

接客業を辞めれば「世の中にはこんな楽な仕事があったんだ」と思えるはずです。

目次

接客業をもう二度とやりたくない5つの理由

接客業をもう二度とやりたくない5つの理由

接客業を辞めて異業種へ転職した人は「もう二度とやりたくない」と思っています。理由は以下の5つです。

労働条件が悪い

接客業は他の仕事に比べて労働条件が悪いです。割りに合わない仕事をやらされていては「もう二度とやりたくない」と思うのも仕方ありません。

  • 給料が安い
  • 拘束時間が長い
  • 休日が少ない・不安定

接客業は忙しいのに安月給。休みも不安定で、家族や友人との時間は少なくなります。

接客業は好きでないと続けられない仕事です。

体力的にしんどい

事務職や営業などに比べて、接客業は体力的にしんどいです。1日中動き回っており、暇な時間でも立っていなければいけません

接客業は体力のない人にとっては厳しい仕事です。仕事が終わった後は疲れて、プライベートの時間どころではありません。しんどい毎日が続けば「もう二度とやりたくない」と思うのは当然です。
» つらい…接客業に疲れたときの対処法

理不尽なクレーム

接客業で理不尽なクレームはつきものです。普段生活しているだけでは出会うことが少ないですが、接客業では1日に何百人もの人と接します

こちらが悪ければ仕方ないものの、何も悪くないのにクレームを言われるのはストレス。接客業では理不尽なクレームでも受け流せるメンタルが必要です。

毎日でないにしろ、接客業をやっている限り頻繁に理不尽なクレームに対応しなければいけません。

お客の対応がめんどくさい

接客業はお客の対応が面倒です。接客業で相手にするお客はまともなお客ばかりではありません

  • 個性的
  • 態度が悪い
  • 忙しいのに話しかけてくる

コミュニケーションが好きな人でなければ、上記のような人を相手にするのはストレスです。毎日接客する中で、必ずと言っていいほど面倒なお客が現れます
» 接客業で人と関わりたくないときの対処法

接客業は人と接することが好きな人だけが続けられる仕事です。

売り上げノルマがある

店長クラスになると、店舗の売り上げノルマが課せられます。会社的にはノルマを達成しないと利益を確保できないからです。

ノルマギリギリの店舗で働いていると、毎日精神的に追い込まれていきます。仕事以外の時間でもノルマが気になってしまう人も…。

今は関係ないと思っている人も、正社員であれば必ずノルマを抱える日がやってきます。すでに「もうやりたくない」と思っている人は、さらなるストレスを抱える前に接客業から逃げましょう

接客業をもうやりたくないのに辞められない理由

接客業をもうやりたくないのに辞められない理由

接客業をもうやりたくなくても、仕方なく続けている人もいるはず。理由は3つです。

接客業以外できない

接客業ばかりやってきた人は「自分には接客業以外できない」と思っている人も多いです。人は誰しも、経験のないことを難しいと思ってしまいます。

しかし、接客業はさまざまなスキルを会得できる仕事です。接客業以外の仕事でも十分に活かせます。

  • 柔軟性
  • 観察力
  • 傾聴力
  • 質問力
  • 提案力
  • コミュニケーションスキル

接客業以外の仕事に転職する場合は、上記のスキルを上手くアピールしましょう。企業は必ずあなたのスキルに魅力を感じてくれます。

接客業にこだわる必要は全くありません。

人手不足で退職できない

店舗が人手不足の場合、退職できなくて悩んでいる人もたくさんいます。自分が辞めたら迷惑がかかってしまうからです。

しかし、人手不足はマネージメントの問題。あなたが気にする必要は全くありません。民法627条でも以下のように定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法627条

つまり、退職の申し出をされたら企業は受け入れなければいけないということ。人手不足だとしても、気にせず退職を申し出ましょう。

退職代行なら明日から出社不要!

退職代行サービスを利用すれば、人手不足でも明日から出社する必要はありません。接客業をもうやりたくないと感じている人は、退職代行サービスを利用しましょう。

\退職成功率100%!/

お金がないから退職できない

退職しても生活できるだけのお金がない場合は辞められません。退職すれば一時的に無給の状態が続くからです。

お金がない場合は、働きながら転職先を探しましょう。辞職してもすぐに働ければ、無給の時期はなくなり生活できます。

転職エージェントは働きながらでも利用可能です。相談だけでも乗ってくれるので、気軽に利用しましょう。

\やりたくない接客業から解放される!/

接客業をもうやりたくないのに続ける4つのデメリット

接客業をもうやりたくないのに続ける4つのデメリット

接客業をもうやりたくないと思っているのに続けるのはおすすめできません。そのまま続けていると以下のデメリットがあります。

笑えなくなる

接客業をもうやりたくないのに続けていると、笑えなくなることがあります。ストレスを溜め込むことにより、感情がなくなっていくからです。

笑えなくなるのは接客業では致命的。笑顔がないと態度が悪く思われて、店舗の売り上げに影響します。

仕事上だけでなく、プライベートも気をつけなければいけません。笑えなくなると、交友関係や恋人と関係まで悪化します。
» 接客業で笑えなくなった理由と対処法

死にたくなる

接客業で「もうやりたくない」と思う日が続くと、死にたくなることがあります。気づかないうちにストレスの限界をオーバーしてしまうからです。

「もうやりたくない」と思ったら限界を越える前に対処しなければいけません。

  • 転職する
  • ストレス解消する

「もうやりたくない」と思うのは危険信号です。すぐに対処して健康的なメンタルを取り戻しましょう。
» 接客業だと心が病む理由と対処法

性格が悪くなる

接客業で「もうやりたくない」という状態が続くと、性格が悪くなる可能性もあります。ストレスを感じている状態であり、心に余裕がなくなっていくからです。

  • 悪口を言う
  • 意地悪をする
  • 他人の不幸を喜ぶ

仕事上だけでなくプライベートまで影響が及び、周りに人がいなくなっていきます。自分では気づかないこともあるので気をつけてください。
» 接客業だと性格が悪くなる理由と対処法

病む・病気になる

接客業で「もうやりたくない」と感じている場合、心が病んだり病気と診断されたりします。精神的に大きい負担を抱えているからです。

接客業では以下の病気になる人がたくさんいます。

  • うつ病
  • 適応障害

病気と診断されるほど深刻だと後々の生活に影響を及ぼしかねません。「もうやりたくない」と思ったら早めに対処しましょう。
» 接客業のストレスによる病気

人間不信・人間嫌いになる

接客業で「もうやりたくない」と思い続けていると、人間不信になったり人間嫌いになったりします。接客後特有の環境に影響を受けているからです。

接客業は態度の悪いお客や性格の悪いスタッフなど、人間の嫌な部分に接します。強靭なメンタルを持っていない限り、続けるのはおすすめできません。
» 接客業だと人間不信になる理由と対処法

人間不信・人間嫌いになると、交友関係など普段の生活にも影響があります。普通の暮らしを続けるためにも「もうやりたくない」と思ったらすぐに環境を変えましょう。
» 接客業だと人間嫌いになる理由と対処法

接客業をもうやりたくないときの対処法

接客業をもうやりたくないときの対処法

接客業をもうやりたくないと思ったときの対処法は3つです。快適な生活を手に入れるためにも、早めに行動することをおすすめします。

ストレスを減らす

接客業ではストレスを減らすことが大切です。お客の対応や労働条件の悪さなど、ストレスが溜まることがたくさんあります

接客業はストレスから逃れられない仕事です。接客業をやっている限り、ストレスはなくなりません。

まずは、趣味に没頭したり友人に会ったりしてストレスを減らしましょう。ストレスがなくなれば「もうやりたくない」という気持ちがなくなる可能性もあります。
» 接客業でストレスを溜めない方法

ストレスを減らして気分をスッキリさせましょう。

退職して休む

接客業をもうやりたくないなら、退職して休むことも検討してください。一度休んでみれば心も落ち着き、自分が何をするべきか見えてきます

退職すれば時間ができるので、今までできなかったことに挑戦してみましょう。自分が本当にやりたいことが見つかるはずです。

仕事をしたくないなら無理に続ける必要はありません。もうやりたくないと思っていることに時間を費やすのは時間がもったいないです。
» 接客業を辞めたいときの対処法

異業種へ転職

接客業をもうやりたくないなら、異業種へ転職しましょう。接客業で感じていたストレスが全てなくなり、快適な生活が手に入ります

接客業はさまざまなスキルが身につく仕事です。接客業で得たスキルは異業種でも役立ちます。
» 接客業から転職する方法

接客業から異業種は転職を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。異業種への転職に必要な書類添削や面接対策など、徹底的にサポートしてくれます。

転職エージェントの利用は無料なので相談だけでもしてみましょう。

\やりたくない接客業から解放される!/

接客業をもうやりたくないならすぐに行動しよう

接客業をもうやりたくないならすぐに行動しよう

接客業をもうやりたくないならすぐに行動しましょう。そのまま続けていても結局は辞めるハメになり「早く辞めておけばよかった」と思うだけです。

接客業をやりたくないのに続けると、以下のリスクもあります。

  • 笑えなくなる
  • 死にたくなる
  • 性格が悪くなる
  • 病む・病気になる
  • 人間不信・人間嫌いになる

接客業を辞めた人に「接客業なんて二度としたくない」という人はたくさんいます。労働条件や顧客対応の大変さなどを考えると、好きでないと続けられない仕事だからです。
» 接客業を辞めてよかった理由

接客業をもうやりたくないと思っているなら、転職エージェントに相談しましょう。転職のプロがストレスなく働ける仕事を紹介してくれます。転職エージェントは相談だけでもOKです。

完全無料で利用できるので、転職エージェントを利用して損することはありません。

\やりたくない接客業から解放される!/

目次
閉じる